スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


はやぶさ JAXA教授「神がかり的だった」…任務完了(毎日新聞)

 おかえり、そしてありがとう−−。多くのトラブルを乗り越え日本の小惑星探査機「はやぶさ」が13日深夜、7年にわたる小惑星往復の旅を終えた。その奮闘ぶりは多くの人に感動を与え、どんなときもあきらめないことの大切さを伝えた。はやぶさが帰還するオーストラリアで、管制を担う相模原市で、人々はそのフィナーレに拍手を送った。

 「この7年、こちらの指令をけなげにこなし、身をていしてカプセルを届けてくれた。明日から運用がないという事実を、受け入れられないでいる」

 はやぶさの運用を管制する宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙科学研究所(相模原市)では、カプセル着地後、日付が変わった14日午前0時過ぎからプロジェクトチームが会見に臨んだ。プロジェクトを率いた川口淳一郎JAXA教授は成功の喜びに浸りながらも、はやぶさとの別れを惜しんだ。

 いつもはクールな川口さんが、珍しく感傷的な表情を浮かべ、計画を振り返る。

 「この計画は欧米と比べても背伸びした計画」。その一方で、世界初の偉業を「幸運」と言う。「神がかり的だった。今、こうして(成功の)会見の場にいることが夢のよう」とも話した。

 一方「このような挑戦がどこかで行われないと先が見えてこない。(宇宙開発技術の)持続的な可能性を支えるために、こういう挑戦は必要」と、後継機の開発を含む今後の技術開発の重要性を強調した。

 はやぶさの成功で「日本の惑星探査に自信と希望を与えられた」と自負も見せたが「この瞬間から技術の離散と風化が始まっている。将来につながるミッションが必要だ」と言い切った。【藤野基文、西川拓】

 ◇「挑む姿教えてくれた」

 【グレンダンボ近郊(オーストラリア南部)永山悦子】「この3年、はやぶさとともに生きてきた。ようやく本物に会うことができた。よく帰ってきたと声をかけたい」。小惑星探査機「はやぶさ」の活躍を映像作品にしたコンピューターグラフィックス(CG)ディレクターの上坂(こうさか)浩光さん(50)は語った。

 作品名は「HAYABUSA BACK TO THE EARTH(はやぶさ地球帰還)」。大阪市立科学館学芸員の飯山青海(あおみ)さん(38)とともに企画した。

 飯山さんは07年、JAXAが企画したはやぶさの映像作品「祈り」を見て「この作者に依頼したい」と決心。上坂さんに連絡を取った。

 今回は、はやぶさが苦難を乗り越える姿を上坂さんが精細なCGで描き、全国の科学館などで上映。延べ12万人が鑑賞した。「泣けた」「家族や友人に見せたい」と反響を呼び、今月、DVDも発売された。

 現在の作品は08年までの旅を描いており、上坂さんははやぶさが燃え尽きる今回の映像を加えて物語を完結させる。

 一方、取材のため現地入りし、はやぶさの最期を見守ったノンフィクション作家の山根一眞さん(62)は「はやぶさらしい派手な帰還だった。宇宙開発に産業貢献や新技術の創出を求める声が強いが、未知の世界に挑む姿に感動するという本来の意味を、はやぶさは教えてくれた」と話した。

【関連ニュース】
はやぶさ:ヘリ捜索隊、カプセル発見…豪の砂漠に着地
はやぶさ:7年、60億キロ…世界初の旅終え帰還
はやぶさ:大気圏突入、本体燃え尽きる…カプセル分離成功
はやぶさ:ファン共感、豪州で「最期見届ける」
はやぶさ:「カプセル分離」に拍手…JAXA管制室

少子化問題への本気度疑う担当相のドタバタ劇(産経新聞)
事務所費で「キャミソール」の不思議  荒井大臣の説明二転三転(J-CASTニュース)
「ザ・コーヴ」出演者が上映中止を批判=イルカ漁映画の舞台、和歌山で(時事通信)
<子育てママのいえ>主婦100人のアンケートから住宅設計(毎日新聞)
<横浜弁護士殺害>千葉県の男に逮捕状 離婚調停でトラブル(毎日新聞)

<体罰>福岡市教委、2教諭を処分 バレー部、飲酒し指導も(毎日新聞)

 福岡市教委は8日、飲酒して部活動指導したり、体罰をしたとして中学の男性教諭2人を減給(10分の1、1カ月)と戒告の懲戒処分にしたと発表した。処分は同日付。

 市教委によると、減給処分を受けた市立中(西区)の体育教諭(53)は女子バレーボール部の顧問だった08年ごろ〜今年1月、休日部活日の昼食時、近くの飲食店でビールを中ジョッキ1〜2杯分飲み、そのまま指導を続けた。頻度は月1〜2回。別の日には、サーブやレシーブができない生徒の髪を引っ張ったり、足で押すなどの体罰を加えた。けがはなかった。同部は県内屈指の強豪で、練習にはレギュラーメンバーが参加していた。

 年明け、保護者からの電話で発覚。市教委の聴取に、同教諭は「酒が好きなことは保護者も知っており、厳しい指導も含め認められていると思っていた」と話したという。

 一方、戒告となった市立中(東区)の数学教諭(46)は3月23日の朝、受け持ちクラスの男子に「もうかかわらんといてほしい」と言われ、立腹。生徒の顔を1回殴り、上唇裏を4針縫うけがを負わせた。同教諭は90年7月にも、体罰で文書訓告を受けていた。教諭は「つい感情的になってしまった」と生徒と保護者に謝罪している。

 市教委は「体罰に寄らない指導を目指し、研修強化に努めるとともに厳しい処分をしていく」と話した。【鈴木美穂】

菅首相誕生へ 小沢流決別「国を立て直す」(産経新聞)
<鳩山前首相>福島社民党首に退任あいさつ(毎日新聞)
<鳩山首相>辞任に伴う記者会見開かず(毎日新聞)
簡単装着で着崩れ防ぐ! 和装用補整具を東レ子会社発売 (産経新聞)
「通訳が誤り」、一審破棄求める=裁判員裁判で実刑、控訴審―大阪高裁(時事通信)

感染力強く、治りにくい新型水虫 頭や顔、体にできるのが特徴(J-CASTニュース)

 夏に向けて猛威をふるう水虫。この10年ほど、足に寄生する水虫とは異なる「新型水虫菌」が、格闘技選手やその家族に広がっている。顔や首に湿しんが出るといった症状が多いが、頭に寄生すると毛が抜けてしまうこともある。症状がない人もいて、感染を食い止めるのが難しい、という。

 新型水虫菌(トリコフィトン・トンズランス菌)はアメリカやヨーロッパで確認され、日本では2001年に柔道部員など格闘技選手の間で集団感染が報告された。接触感染することから、海外選手との試合で感染したと見られている。

■新型は髪の毛や体毛を好み、毛の中に入り込む

 一般的な水虫は足に寄生することが多い。一方、新型は頭や顔、体で確認されている。症状は頭と体で異なる。頭の場合はフケやかさぶたができ、脱毛することもある。体にはリング状の赤い発疹ができ、虫さされやかぶれに似ているという。

 日本皮膚科学会皮膚科専門医の清佳浩教授(帝京大学医学部附属溝口病院)によると、国内感染者は推定2000人に達する。格闘技の選手が多く、98%が柔道、レスリング、相撲。ラグビーの選手も確認されている。接触感染のほかに、タオルなどを共有して伝染する可能性があり、家族にも感染が広がっている。

 新型は感染力が強く、治りにくいのが特徴だ。清教授は、

  「一般的な水虫菌よりも短時間で感染します。また、新型は髪の毛や体毛を好み、毛の中に入り込みます。塗り薬では治りにくく、飲み薬が必要です」

と注意を呼びかけている。

 清教授によると感染しても症状がまったくなかったり、頭の中に寄生して気がつかないこともあり、感染拡大を防ぐのが難しいようだ。

■ミズノは増殖抑制効果ある柔道畳を発売

 2012年から中学校で武道(柔道、剣道、相撲から1つを選択)が必修になる。それもあって、こんな商品も登場した。

 スポーツ用品メーカーのミズノは出光テクノファインと共同で、新型水虫菌の増殖抑制効果がある柔道畳を開発し、2010年3月に発売した。

 抗菌剤を開発した出光テクノファインによると、新型水虫菌を含む372菌種の細菌や真菌(かび)、藻の増殖抑制効果が確認できた。肌着や靴、スーツの裏地などに使用しているが、柔道用品の使用は「初めて」だ。ミズノ広報担当者は「学校からの問い合わせが結構きている」と明かし、反響は大きいようだ。


■関連記事
ネット検索で「重病だ」と思い込む 「グーグル症」患者が医者困らせる : 2010/05/21
スキンケアで防ぎきれない ニキビはれっきとした病気 : 2010/05/21
小児の「食物アレルギー」10年で2倍 花粉症の増加と関係アリ? : 2010/04/28
夏にぴったり 牛乳と割る「トロピカルリキュール」 : 2010/05/20
瑛太・木村カエラ妊娠5か月の「ダブルおめでた」 : 2010/06/01

契約後の法規制に賠償認めず=土地汚染で買い主敗訴―最高裁(時事通信)
<交通事故>保育園のワゴン車が衝突 園児ら10人病院へ(毎日新聞)
東工大教員、ハードディスク紛失=1889人分の成績記録(時事通信)
HS財団、バンク事業を基盤研に一括移管へ―省内事業仕分け(医療介護CBニュース)
ライブ用音響セットでボリューム”限界上映”――第3回爆音映画祭(Business Media 誠)

【裁判員考】制度施行1年(下)最終評議〜判決 重い経験、共有が大切(産経新聞)

 「いったん整理してみましょう」「少し論点がずれ始めたかもしれませんね」

 裁判員の議論を静かに見守りつつ、裁判官は要所でアドバイスする。こうした言葉で、評議室は真剣ながらも穏やかな雰囲気に包まれる。4日目ともなると、裁判員同士は打ち解け、積極的に意見を出し合った。

 東京地裁で行われたある殺人事件での最終評議の様子だ。

 「自分の意見は十分に伝えた。思っていたよりも話しやすい雰囲気を作ってもらえたと思う」。このとき裁判員を務めた30代の男性会社員はこう話した。

 ≪裁判官の誘導も≫

 ただ、裁判官のアドバイスを全く逆に感じている裁判員経験者もいる。静岡地裁浜松支部で殺人事件の裁判員を務めた男性は「見えない線路が引かれているようで、そこから脱線できない感じがした」と判決後の会見で指摘した。裁判官による結論の誘導をうかがわせる反応だ。

 「裁判官はやはり、世間の末端のことはご存じないという感じはした。いろいろな仕事をしている人の意見を判決に反映することは必要だ」。こう話すのは大阪地裁で2月、強盗傷害事件の裁判員を務めた大阪市の塗装工事会社経営、原田弘二郎さん(63)。 

 とび職を失業中だったという31歳の被告に対し、「世間は不況だから仕事がないと思うだろうが、職人の高齢化が進み、若い人をほしがっている実情がある。仕事を探してもないという被告はおかしいと気付いた」と話す。

 あるベテラン裁判官は「裁判員は一生に一度なるかならないかという制度。その経験を公にしてくれることで制度はもっとよくなる」と感じている。

 東京地裁で裁判員を務めた主婦(55)は「参加前は事件や裁判は関係ないと思っていた。でも、今は新聞やニュース番組で事件の報道をなるべく見るようにしている」という。

 裁判員経験者の男性会社員(28)も「いろいろな犯罪が社会の中にあることを再認識した。人ごとではない」と考えている。

 ≪社会への意識高まる≫

 制度導入に携わった四宮啓(さとる)・国学院大法科大学院教授は制度を「刑事裁判への理解だけでなく国民が社会との関係を考える、そして社会へのメッセージを発する場」と位置づけており、これらの感想を「自分たちが住む社会への意識の高まりを表している」と評価する。

 それだけに、裁判員経験者が感想を率直に語る場が重要となるが、ネックとなるのが「守秘義務」。違反すれば刑事罰が科される可能性がある。裁判員経験者の女性会社員(35)は「必要な義務だが、判決が公表されているのだから、緩やかにしてもいいのでは」と指摘する。

 「結論は正しかったのか」。東京地裁の強盗傷害事件で裁判員を務めた女性会社員(42)は、今でも事件や裁判の報道を目の当たりにする度、執行猶予を付けた判決について自問自答する。

 ただ、「正解はないのかも」とも思う。そんな思いを巡らせていると、眠りにつけず、いつの間にか外が明るくなっていることがある。だが、経験者にしか分からない悩みと考え、周囲に相談はしない。

 被告や被害者らの人生を決めてしまう極度の緊張感。制度開始前から、裁判員経験者への精神的ケアの重要性が指摘されてきた。

 最高裁は電話相談窓口「裁判員メンタルヘルスサポート窓口」を24時間年中無休で設置しているが、今年3月末まで寄せられた相談は23件。精神的な部分にかかわる相談が13件、肉体的不調を訴える相談が10件で、看護師や臨床心理士らが相談を受けている。3月末までの全国の裁判員経験者計約3600人を考えれば、利用はほとんどない。

 四宮教授は安心して参加できる制度整備に向け、「共有した経験を言い合えることが重要。裁判官と裁判員がグループで専門家のカウンセリングを受ける制度があってもいい」と提言した。

                   ◇

 連載は大泉晋之助、滝口亜希が担当しました。

評価定まらぬ「現代史」 国立博物館はどう展示しているか?(産経新聞)
派閥解消訴え新グループ=自民(時事通信)
「みんなが顔を見るぞ」と脅し 性犯罪、被害者保護に課題 (産経新聞)
銅の電線3・4km盗む、電柱14か所で切断(読売新聞)
<掘り出しニュース>潮干狩り早くもピンチ GWに市民殺到、貝は絶滅寸前(毎日新聞)

普天間政府方針で官房長官、5月末の「閣議了解なし」を示唆(産経新聞)

 平野博文官房長官は17日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題をめぐり5月末にとりまとめる政府の対処方針について「首相発言ということはあるかもしれない」と述べた。各閣僚の署名が必要な閣議決定や閣議了解ではなく、閣議での首相発言で決着させる可能性を示唆(しさ)したものだ。

 平野氏はまた、首相発言で内閣全体の意思を示すことになるとの認識を強調。政府が普天間飛行場の県内移設で閣議了解を求めた場合、応じない考えを示した社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相に関しては「当然、理解をいただく努力はする」と語った。

 平野氏は政府方針を決める手続きについて、当初は閣議決定を目指す考え方を示していたが、4月15日には「閣議決定か閣議了解かは別として、何らかの意思は明確にしなければならない」と発言を後退させた。「首相発言」で決着させる可能性を示唆したのは社民党への配慮とみられる。

 これに関連、鳩山由紀夫首相は17日午前、首相公邸前で記者団に「日本の平和と安全のため、やらなければいけないことをやる決意は変わりない。5月末に向けて最大限がんばる」と言明した。

【関連記事】
普天間問題で鈴木宗男氏「北海道で受けるべきだ」
普天間問題で首相「最初から厳しい状況は分かっている」
亀井氏「急いで決着の必要ない」 普天間問題で
平野長官、東国原知事と会談 「後手批判」取り繕う狙い
「徳之島3町長に働き掛けを」 平野官房長官、推進派に要請
少子化を止めろ!

<特別民間法人>天下り横行 常勤役員130人の半数占める(毎日新聞)
JAYWALK中村被告に有罪=「覚せい剤依存明らか」−東京地裁(時事通信)
賛否両派参加、初の協議会=「鞆の浦」埋め立て架橋計画―広島(時事通信)
H2A 金星探査機「あかつき」搭載し発射場へ 種子島(毎日新聞)
<海難事故>漁船が転覆…1人不明 金沢沖(毎日新聞)

<タラップ落下事故>統括安全衛生責任者らに罰金の略式命令(毎日新聞)

 大分市青崎の南日本造船(大分県臼杵市)大在工場で09年1月、建造中の船からタラップが落下し作業員26人が死傷した事故で、大分簡裁は6日までに、当時の副工場長兼統括安全衛生責任者(62)とタラップ製作担当のグループリーダー(61)に、それぞれ罰金50万円の略式命令を出した。大分地検が6日、明らかにした。

 略式起訴は4月20日付で、略式命令は同26日付。起訴状などによると、2人は以前は水平に使用していたタラップを改造して斜めに立てかけた際、落下防止措置を取らず、強度検査も怠っていた。

 事故を巡っては、法人としての南日本造船は労働安全衛生法違反罪で罰金50万円の略式命令を受けた。

<詐欺>「コピー機故障」と偽り代金だまし取る 無職男逮捕(毎日新聞)
「日本は沖縄基地拒む」返還前、韓国大統領懸念(読売新聞)
「看護の日」制定から20年、都内でフォーラム(医療介護CBニュース)
<国家公務員>新規採用 キャリア2割減 地方機関は8割減(毎日新聞)
EUが京都議定書延長提案、環境相は拒否の意向(読売新聞)

「ますぞえ新党」幻に=公選法違反? −新党略称(時事通信)

 「新党改革」の舛添要一代表らが23日、参院選比例代表の略称を「ますぞえ新党」にいったん決めながら、公職選挙法に抵触しかねないとして、取りやめるハプニングがあった。
 公選法は第86条で「政党の名称及び略称は、代表者や参議院名簿登載者の氏名が類推されるような名称及び略称であってはならない」と定めており、党内で「ますぞえ新党」はこれに触れる可能性が高いとの指摘が上がった。
 「誰にでも親しまれる名前をと決めたんだが…」と党関係者。舛添氏の高い知名度を最大限活用しようと考えついたアイデアだったが、あえなく頓挫。略称は結局「改革」で落ち着きそうだ。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

宮崎の和牛3頭、口蹄疫感染の疑い(読売新聞)
同一略称、止める手だてなし=新党たちあがれ「日本」使用で−原口総務相(時事通信)
<NIE>東京・毎日ホールで新聞活用実践教室(毎日新聞)
<手塚治虫文化賞>マンガ大賞に山田芳裕さん「へうげもの」(毎日新聞)
「大阪都で日本牽引」 橋下新党「維新の会」発足(産経新聞)

博多湾の女性胴体、諸賀さんと判明(読売新聞)

 福岡市中央区の博多湾で14日見つかった女性の胴体部分について、福岡県警は15日、遺体の一部が見つかっている同市博多区の会社員諸賀礼子さん(32)の胴体と判明した、と発表した。

全国学力テスト始まる 3割抽出方式(産経新聞)
堺の男児死亡 「4〜5日前から数回繰り返し腹を押さえた」 同居男を送検へ(産経新聞)
<雑記帳>うれしいな、さっちゃん JR船橋駅(毎日新聞)
夕張再生を積極支援=原口総務相が視察−北海道(時事通信)
福山市立大など10校の設置を諮問(産経新聞)

覆面マスク強盗団 警視庁、容疑の3人逮捕(産経新聞)

 警視庁組織犯罪対策2課は、強盗致傷の疑いで、千葉県流山市の無職、洞下英範容疑者(21)ら3人を逮捕した。同課によると、3人は容疑を認めている。

 逮捕容疑は3月16日午前11時40分ごろ、東京都中央区日本橋兜町のカード決済代行会社に覆面マスクをかぶって押し入り、男性社員(51)にモデルガンを突きつけ、「金を出せ、殺したくない」などと脅迫。男性社長(30)から現金約7万円などを奪い、男性社員に骨折などのけがを負わせ逃走したとしている。

 この事件では、韓国籍の白徳男被告(29)が現場で社員に取り押さえられ、強盗致傷容疑で逮捕。白被告は「事務所を襲えば1人100万円の報酬を出すと男に誘われた」と供述している。

幻の軍師は実在した…有形文化財の信玄書状に「山本管助」、浮かび上がる人物像とは(産経新聞)
3月の世界の気温、過去最高=エルニーニョなど影響−気象庁(時事通信)
政治とカネ「来週に決着する」その真意は?(産経新聞)
<ネット中傷>接続業者の責任は限定的…最高裁が初判断(毎日新聞)
火災 2階建てアパート焼け1人死亡1人重体 東京・足立(毎日新聞)

長野・千曲の御柱祭で4人死傷、木の下敷きに(読売新聞)

 11日午後7時頃、長野県千曲市土口の「古大穴神社」で行われていた御柱祭で、御柱の木を垂直に立てる「建御柱」の最中に木が倒れ、木をロープでひっぱっていた氏子が下敷きになり、近くに住む会社員篠宮宏幸さん(38)が頭を強く打って死亡し、男性3人が重軽傷を負った。

 千曲署の発表によると、倒れた木は長さ約10メートル、直径約30センチ。同神社付近ではこの日、氏子が御柱2本をひいて回り、最後に神社境内で建御柱を行っていた。

 1本目を立て終わり、2本目を立てる最中に木が倒れたという。

<名張毒ぶどう酒事件>84歳の奥西死刑囚「後がない」(毎日新聞)
参院選へ新党結成=10人以上を擁立−山田杉並区長ら(時事通信)
<火災>住宅全焼2人不明 愛知・蒲郡(毎日新聞)
「国境なき東大生に」=入学式で浜田学長(時事通信)
4都県警と鉄道会社連携=15日から痴漢対策強化期間−警察庁(時事通信)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
モバイル ホームページ
ネットビジネス
クレジットカード現金化
携帯ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化
ショッピング枠現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化
selected entries
archives
recent comment
  • はやぶさ JAXA教授「神がかり的だった」…任務完了(毎日新聞)
    カナ (08/27)
  • はやぶさ JAXA教授「神がかり的だった」…任務完了(毎日新聞)
    桃医 (01/12)
  • はやぶさ JAXA教授「神がかり的だった」…任務完了(毎日新聞)
    道隆 (01/04)
  • はやぶさ JAXA教授「神がかり的だった」…任務完了(毎日新聞)
    玉木よしひさ (12/30)
  • はやぶさ JAXA教授「神がかり的だった」…任務完了(毎日新聞)
    こういち (12/26)
  • はやぶさ JAXA教授「神がかり的だった」…任務完了(毎日新聞)
    まろまゆ (12/21)
  • はやぶさ JAXA教授「神がかり的だった」…任務完了(毎日新聞)
    ゴンボ (12/16)
  • はやぶさ JAXA教授「神がかり的だった」…任務完了(毎日新聞)
    ヘッド (12/07)
  • はやぶさ JAXA教授「神がかり的だった」…任務完了(毎日新聞)
    俊之 (12/03)
  • はやぶさ JAXA教授「神がかり的だった」…任務完了(毎日新聞)
    機関棒 (11/25)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM